お電話でのお問合せはこちら
(携帯電話からはご利用頂けません)
0120-914-005
受付時間
10:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せはお気軽に

税理士が考える「良い税理士の探し方、選び方」

「税理士の探し方がわからない」

「税理士の選び方がわからない」

そのような声を聴くことがあります。

税理士というのは、中小企業にとっては身近な存在の一つです。
日々の入力から決算・確定申告、多くの経営者の疑問を共に考え、アドバイス出来る存在です。

ところが、一般的には税理士というものが、どのような仕事を行い、どのような税理士が良いのか分からないのが実情です。

それゆえに、 現在の税理士との関係に不満を持っている経営者の方もいらっしゃるかもしれません。

そんな不満・困惑を少しでも解消して税理士と会社とが、より良い関係を築けるように、税理士選びの基準を紹介していきます。

よくあるお悩み

会計事務所の仕事とは、一言で言ってしまえば、税務署に税金の申告をする際のお手伝いをする仕事です。

会社や個人で御商売を行っている方は、自分で決算を行い、自分で税金の計算をして、税務署に報告しなければなりません。
しかし、税金の計算ルールは非常に複雑な上に、変更や改正が毎年行われます。
さらには、申告を行うべき税金の種類は複数に渡り、かつ、申告先も複数に渡ります

慣れていない方が調べながら行うとなると、相当な時間と労力を要します。

例えば、会社の場合には

  • 法人税、消費税=税務署、
  • 事業税=県税事務所又は都税事務所
  • 法人県民税=県税事務所又は都税事務所、
  • 法人市民税=市役所又は都税事務所

個人で御商売を行なっている方は

  • 所得税=税務署
  • 消費税=税務署

など

税理士の主な仕事は、「税の専門家」として、納税者本人の代理として決算・確定申告を行うところにあります。

税金の申告書の作成以外では、日々の取引の記帳代行、会計帳簿のチェック、給与計算の代行、経理用パソコンの導入指導、経営計画作成指導なども行っています。

税理士は、本業の申告書の作成以外にも、各税理士の能力と判断によって、企業経営者のお手伝いを行っています。中小企業のヨロズ相談業と言えるでしょう。

会計事務所を使わないといけないの?

会計事務所を使っていなかった為に、残念な結果となるときも・・・

経理担当がおり、会計ソフトも導入しているので、会計事務所は不要、と思っていらっしゃる方もいるかと思います。

ですが、会計事務所を使っていなかった為に、残念な結果となるときも・・・

例えば

  • 「消費税で簡易課税の選択をしていない」
  • 「設立初年度で資本金1,000万円以上としてしまい、消費税の納税義務者となってしまった」
  • 「設立初年度に多額の設備投資をしたのに、消費税の還付を受けることができなかった」
  • 「自己流の経理方法でやっていたが、税務調査で間違いを指摘され多額のペナルティを払い、その後も何度も調査に来るようになってしまった」

など・・・

こうした損失は税理士報酬より高くなることはしばしばです。

また、税理士などの国家資格者の署名捺印をつけた決算書・確定申告書を官公庁・金融機関に提出することは無記名の決算書・確定申告書よりも信用担保があるといえます。

会計事務所を探すには、どのような方法がありますか?

会計事務所の探し方にはいろいろあります。

考えられる方法と、それぞれの方法のメリット・デメリットを考えてみました。

  1. 知り合いからの紹介
    周囲に親しい経営者の方がいらっしゃれば、その方に聞いてみる方法です。
    ほとんどの経営者は会計事務所との関わりがありますから、その方のおつきあいのある会計事務所の話はしてくれます。
    メリットは知人の紹介だから安心感があるということです。
    会計事務所との付き合いは長期に渡る場合が多く、安心感があるいうことは大きいです。
    デメリットは自分が気に入るとは限らないということです。
    税理士のキャラクターや報酬体系が、自分の好みに合わなかった場合に、知り合いの紹介だけに断りにくいという問題点があるかと思います。
  2. 電話帳
    電話帳で会計事務所を探して連絡をしてみるのも選択肢です。
    この方法のメリットは近くの会計事務所を選ぶことができるということでしょう。
    最近はIT化が進み、「新宿区の方でしたら、新宿区の会計事務所」といった近所を選ぶ利点は以前ほどではなくなってきています。
    ですが、やはり近くにいたら安心感や親近感があり、なにかと便利であることは間違いありません。長期にわたるおつきあいだからこそ、あまり遠すぎては何かと不便だと感じる方は少なくないのではないでしょうか。
    デメリットは連絡してみないとどういう税理士か分からないという点です。
  3. ダイレクトメール
    最近では、会社を設立すると複数の会計事務所から多くのダイレクトメールが届きます。
    なぜ会社を設立した途端、複数の税理士からダイレクトメールが来たかというと、法務局に会社設立の情報があるからです。新規に設立した会社の情報を売っている業者もあるくらいです。
    この方法のメリットは、電話帳などに比べて、会計事務所の概要がある程度分かるということです。
    会計事務所の中には特殊な仕事や高額な報酬のものしか受けないという会計事務所もあります。
    しかし、ダイレクトメールが来るということは、少なくとも新規顧客の獲得には熱心な事務所であり、断られる可能性は低いということです。
    デメリットは電話帳ほどではないにせよ、ダイレクトメールでは会計事務所の中身が概要程度しか分からないということとダイレクトメールの情報は限定的なので、比較検討性が乏しいという点です。
  4. インターネット
    この方法のメリットは、ホームーページによっては、かなりの情報量を提供していますので、その会計事務所を具体的にイメージしやすいということが挙げられます。
    他の会計事務所の比較もしやすいです。
    新宿区の会計事務所を探しているのでしたら、
    「会計事務所 新宿」
    で検索をかけてみるのも一つの手段です。
    デメリットはホームページには良いことしか書いてないということでしょう。
    会計事務所との契約の際には、自分が何を会計事務所に求め、その会計事務所は自分の要望に応えているかということを自分で判断しないといけません。

     
  5. 税理士紹介会社
    税理士の選び方をインターネットで調べると、まず真っ先に出てくるのは広告宣伝費をたくさんかけた税理士の資格を有しない税理士紹介会社のサイトです。
    メリットとしては、無料で会計事務所を紹介してくれる非常に便利な存在であるという点です。
    ​デメリットとしては、実は、彼らは「紹介料」を会計事務所より受け取る仕組みとなっています。その額は年間税理士報酬額の50%〜80%となっています。そうした「紹介料」のツケは最終的にどこに回ってくるかは賢明な経営者の方ならばお分かりかと思います。

大きく分けると上記のような方法で探すことが考えられます。
いずれにせよ税理士に依頼される際には何人かの税理士に問い合わせてみて、実際に会われてから、気に入った税理士を選ばれたらよいのではないではないかと思います。

税務署OBの税理士の方が、税務調査も大丈夫、税金が安く済むって本当?

そのようなことはないかと・・・。

税理士には税理士試験を受かった人、大学院に行って試験を免除された人、税務署出身の人などいろいろあります。

意外に思われるかもしれませんが、その中でも多いのは税務署のOBです。
税理士の平均年齢は、何と60歳を越えています。

これは税務署を辞めた人が税理士になるということが昔から多いというのが真相です。
税務署OBなら税務署に顔がきくから、税金が安くなるという噂が昔からあります。

その噂はウソです。

もし、この噂を真に受けて税務署OBの方に頼もうというなら、即刻考え直してください。
税金は法律によって徴収されるものです。税務署と納税者の間に特定の人が入ることで軽減されるものではありません。

確かに調査官と顔見知りということはあるかもしれません。

しかし、顔見知り=税金が安くなる というのは早合点が過ぎます。もし出来たら税理士は税務署出身の人だけしか必要なくなる、ともいえます。

実際は税務署OBの税理士に頼んだけど、別に税金は安くならないし、実務は全然知らない、と他の税理士に替える方も沢山おられます。

公認会計士と税理士とは何が違うの?

公認会計士とは基本的には会計監査を行うための資格ですので、監査法人で上場企業の監査等を行っている人が主流です。

会計事務所を開業している公認会計士の場合は、基本的に税理士と同じ業務を行っています。(公認会計士の場合、登録申請をすると無試験で税理士になることが可能です。)

報酬金額が高い会計事務所と安い会計事務所、何が違うの?

報酬金額が高いからといって、必ずしもサービスレベルが高いとは言えません。

一方で、安すぎる報酬金額は”落とし穴”に注意が必要です。

会計事務所のサービスは比較検討がしづらいため、短絡的に報酬金額で選んでしまいがちす。

しかし、報酬金額が高いから良い会計事務所というわけではありません。

最近では、システムの普及・低廉化、業界内での競争激化などにより、よほどの特殊業務でない限り、会計事務所報酬は低下してきています。

しかし、古くからの会計事務所や大規模会計事務所では、報酬体系が硬直的となり、相場に比べ高止まりしていることもあります。

高いと感じたら、一度、他の会計事務所に見積もりなどで調べてみた方が良いです。

一方で、経営者の中には「とにかく安く」と考える方もいらっしゃるかと思います。

「よく分からないので、安い会計事務所を選んだ」という声はよく聞くところです。

確かにインターネットで調べてみると「激安!」「格安!」を売り文句にする会計事務所を多く見ます。
ですが、会計事務所サービスの原価の大半は「人件費」です。
「激安!」「格安!」を維持する為には、人件費を削る必要があります。

そのためには、税理士資格を有しない無資格者が対応することになります。
さらには、低価格を売りにする会計事務所は件数をこなす必要があるため、1社に時間をかけることはできません。

「とにかく安く」という方は、こうした点を覚悟した上で会計事務所と付き合う必要があります。

良いサービスを納得価格で受けるためのコツとは?

会計事務所に「何を依頼したいか」をハッキリさせておくことが重要です。

依頼したい業務と予算がハッキリすれば、会計事務所とも具体的に交渉することができ、後々のトラブルを防ぐこともできます。

それでは、会計事務所のサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 記帳代行や会計帳簿の作成
    一般的には記帳代行といわれています。つまり、あなたの会社の経理業務を代行してくれることです。領収書の発行や請求の支払までされるところもありますが、通常は帳簿づけのみ代行という会計事務所がほとんどです。会計事務所によっては記帳代行をしない方もおられます。
  • 税金の申告
    記帳代行は税理士でなくてもできますが、この税金の申告の代理は税理士しかできません。
    いうまでもなく1年(事業年度)ごとに会社の業績を締めて、税金の計算をして申告書を作成します。
    税金や会計の知識がない人にはかなり難しく時間がかかる作業ですので、多くの会社は税理士に依頼していますし、税理士の主要業務でもあります。
  • 税務調査の立会いなど税務署との折衝
    会社を経営していると税務調査を受けることがあります。
    その際に社長や経理担当者だけでは税金の知識が乏しく、税務署のいわれるがままに税金を納めすぎるということも出てきます。
    そういった事態を回避するためにも税理士に立ち会ってもらうという会社がほとんどです。
    税務調査は会社での帳簿等のチェックは1日か2日で終わりますが、そのあとも見解の相違等をめぐって税務署との話し合いが行われます。
    そういった折衝も税理士に依頼することができます。
  • 数字面でのアドバイス
    税理士は会計や税金のプロですから、会社の状況の把握など数値面の把握には強いです。
    経営と数字は切っても切り離せないものですが、過去・現在・未来すべての場面において、さまざまな数字のことを税理士に聞くことができます。

    ・個人事業主だが会社を設立したら税金面でどう変わるか
    ・機械を買いたいが設備投資をするには、どれくらいの資金が必要か
    ・会社を黒字にするには経費をどの程度に抑えればいいか

    など、事業を続けていくには、いろいろと数字面を考えていかなくてはなりません。

会計事務所は、税金や節税といったことだけではなく、日頃の資金繰りや融資の話など、会社を取り巻くさまざまな数字について、税理士は日頃からいろいろ相談できる存在であるといえます。
必要なサービスを上手く活用し、納得価格でサービスを受けましょう。

年配の税理士と若手の税理士ではどちらが良い?

各種知識に強い税理士を選ぶべきです。

税務の問題は多岐にわたります。
年齢が若すぎると、経験不足により知らないことが少なくないように思います。

かといって、ITの進化のみならず、昨今の会計制度や税法の改正は異常なスピードで変化しているため、かなりの勉強量を維持しないと改正に十分対応できない面があります。

そういった意味では高齢の税理士が今のスピードについて行くには難しい部分があると思います。

重要なのは「コミュニケーションが取りやすいか」です。

  • 「税理士というのは、先生と呼ばれてなんでも知らなければならない」
  • 「知らないことも知ったかぶりをする」
  • 「人に聞いたり調べない、間違いを認めない」
  • 「威厳ばかりを振りかざす」

といった税理士は論外です。
普段から勉強熱心で、人に聞くことを恥と思わない、各種知識に強い税理士を選ぶべきです。

大規模会計事務所と小規模の会計事務所ではサービスに違いがあるのでしょうか?

大きな事務所では所長ではなく担当者が作業を行い、小さな事務所では税理士自身が行うという違いがあります。

小さな会計事務所は、細かなところまで注意を払ってもらえ、税理士が問題点の洗い出し、検討、最終判断等についてキチンと関与してきます。

大きな会計事務所では、所長自らが担当業務を持つことが少ないため、スタッフ組織の充実度を気にされると良いでしょう。

優秀な人材の多くは独立する業界において、優秀と思われるスタッフが何人も在籍している事務所は、所長にリーダーシップがあり組織力が期待できるため、サービスの質は比較的高いと思います。

逆に優秀とは思われないスタッフが目立つ事務所は、サービス向上を期待しにくいため、間違いではないが有利でもない方法で淡々と会計税務処理をされていく可能性が高いと思います。

ちなみに、大きな事務所でないとほとんど経験できない税務処理等は存在しますので、大きな会社であれば、大きな会計事務所を選ばれた方が良いと思います。

会計事務所に依頼すれば、税金を上手く誤魔化してくれるもの?

会計事務所の仕事は税金を誤魔化すことではありません。

「適正な納税」を行うことを使命としています。
ここでいう「適正な納税」とは、節税も提案しなければならないことも含みます。
つまり、税金を不当に少なく支払わせることは当然いけないことですが、多く支払わせてもいけないということなのです。

「適正な納税額」算出のためには、会計事務所と会社とのコミュニケーションが欠かすことができません。
この点にも注意して会計事務所を選ぶようにしてください。

顧問契約って何?

通常の顧問契約は、以下のような内容を取り決める形となります。

  1. 委任業務の範囲
  2. 資料提供及び責任・情報の開示と説明及び免責
  3. 契約期間
  4. 報酬の支払時期及び方法などを定めます。

特に、「1.委任業務の範囲」で勘違い等がないように、契約時にしっかり内容の確認をするべきでしょう。

会計事務所とは長い付き合いになることが通常なので、後々のトラブルを避ける為にも「何を委任するのか」をハッキリさせておくことは大切です。
また、顧問契約書を結んでいない場合、業務の範囲や報酬・契約期間等々で誤解や疑問が生じてしまうことが考えられます。

まだの方は、今の税理士さんと話し合われることをお薦めします。

決算・確定申告だけを頼むことはできるの?

もちろん決算時のみの依頼もOKです。

設立間もない会社や、業績が思わしくない会社にとっては、毎月の会計事務所への報酬も抑えたいものだと思います。

「出来ることは自分でするので、必要な部分のサポートのみで、報酬をなるべく安くしたい」とお考えでしたら、「予算」と「会計事務所に何をしてほしいか」を会計事務所に問い合わせてみてください。

お気軽にお尋ねになれば、即、回答してくれることと思います。

ただ、会計事務所の方針として、臨時的な依頼を受けない事務所は多いです。決算・確定申告への対応に柔軟的な会計事務所を探す必要があります。

結局、良い会計事務所ってどんな会計事務所?

経営者が「何を会計事務所に依頼をするか」により大きく変わってきます。

結局、どんな会計事務所が良いかというのは、経営者が「何を会計事務所に依頼をするか」により大きく変わってきます。
多くの経営者の方が会計事務所に求められるのは次のようなことです。

  1. あなたの会社の節税について考えてくれる会計事務所
    脱税ではなく法律の許す範囲で、なるべく税金が少なくなるように工夫をしてくれる会計事務所です。特に消費税や新しい税制については節税どころか会社に有利な規定そのものを知らない会計事務所も、意外と多いのです。
  2. 会社に興味を持つ会計事務所
    最近では「格安!」「激安!」を売りにする会計事務所が出てきました。当然ですが、安い報酬によるサービスは数をこなさなければ、商売として成り立ちません。数をこなすということは、1社当たりの作業は短時間な流れ作業となります。そのような状況では会社目線のサービスを受けることは期待出来ないでしょう。
    ・決算間近で、おおよの税額を教えてくれない
    ・質問しても放置される
    ・そもそも質問しづらい
    上記のような不満の声をお聞きするのは、契約時のすれ違いにあります。「安い」ということは安い理由が必ずあります。
  3. 予測をしてくれる会計事務所
    「今回は税金が○○万円かかります、来週までに支払ってください」では、お金の準備もできません。早めに 決算の予測をしてくれて、大体の納税額と節税するにはどうすればいいかを考えてくれる会計事務所がいいでしょう。
  4. 気の合う会計事務所
    会計事務所との付き合いは長期に渡るのが通常です。上記条件を満たしていても性格が合わなければどうしようもありません。意外かもしれませんが、近所の会計事務所というのも重要な判断基準です。例えば「新宿区の会社ならば、新宿区の会計事務所」といったイメージです。ちょっとした打ち合わせや資料のやり取りを行うときに、近所ほど便利な存在はありません。「気軽に相談・連絡ができる」これが一番重要な基準だと思います。

以上いろいろ書きましたが、会計事務所を選ぶ際に少しでも参考にしていただければ、幸いです。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:10:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら
(携帯電話からはご利用頂けません)

0120-914-005