お電話でのお問合せはこちら
(携帯電話からはご利用頂けません)
0120-914-005
受付時間
10:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せはお気軽に

社会保険労務士(社労士)が解説
「助成金の活用を検討してみませんか?」

ここではよくあるご質問をご紹介します。

補助金、助成金、給付金、違いはあるの?

補助金、助成金、給付金はいずれも経済的な支援を提供する制度ですが、
それぞれに特徴があります。

 補助金は、国や地方自治体が特定の政策目的を達成するために交付するもので、申請内容の審査があり、予算の範囲内で支給されます。

使用用途が限定されており、政策に沿った事業を行う場合に支給されることが多いです。

 助成金は、一定の要件を満たすことで基本的に受けられるもので、主に雇用の安定や増加、労働環境の改善などを目的としています。

企業が助成金を受け取るには、雇用保険の適用事業者である必要があります。

 給付金は、個人や事業主に対して支給されるもので、病気や災害など特定の状態にある場合に申請により受けられることが多いです。

大規模災害時の救済や、緊急事態に対応するための支援が目的です。

これらの支援制度は、目的や手続き、対象となる事業や個人によって異なりますので、利用を検討する際は各制度の詳細を確認し、適切な申請を行うことが重要です。

助成金には、どのような制度があるか?

助成金には様々な種類があり、それぞれ異なる目的や条件が設定されています。
一般的に、以下のようなカテゴリーに分けられます。

  • 雇用関連助成金:新規採用、雇用維持、障害者雇用、高齢者雇用など、雇用の創出や維持を目的とした助成金。
  • 教育訓練助成金:従業員のスキルアップやキャリアアップを目的とした研修や教育プログラムに対する助成金。
  • 労働環境改善助成金:職場の安全や健康を促進し、労働環境を改善するための設備投資や制度導入に対する助成金。
  • 福利厚生関連助成金:従業員の福利厚生の充実を目的とした施設整備やプログラム開発に対する助成金。

 これらは一例であり、地域や業種、企業の規模によって利用できる助成金は異なります。

また、政府や自治体が新たな政策や経済状況に応じて新しい助成金を設けることもありますので、最新の情報を得ることが重要です。

 具体的な助成金の内容や申請条件については、社会保険労務士や関連機関にご相談いただくか、公式な情報源を参照してください。

助成金の詳細についてお調べすることも可能ですので、さらに情報が必要であればお知らせください。お手伝いできることを楽しみにしています。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:10:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら
(携帯電話からはご利用頂けません)

0120-914-005