税理士×社労士のダブルライセンス事務所

小川会計事務所

〒162-0066 東京都新宿区市ヶ谷台町16-6 16ビル2階

お電話でのお問合せはこちら
(携帯電話からはご利用頂けません)
0120-914-005
受付時間
10:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せはお気軽に

助成金の申請を社労士に依頼するメリット・デメリット

助成金の申請は社労士に依頼すれば良い?

まず、助成金と補助金の違いを理解しましょう。

厚生労働省が実施する助成金は、雇用や人材教育などの分野で支給されます。

一方、経済産業省などが実施する補助金は、販路開拓や新規事業開発などを支援します。

両者は返済不要ですが、助成金は要件を満たせばほぼもらえるのに対し、補助金は採択審査があり、必ずもらえるわけではありません。

助成金は、自社でも申請できる場合がありますが、申請手続きは非常に煩雑です。そのため、雇用や労務などの分野の専門家である社労士に依頼することでスムーズに進めることができます。

社労士に依頼するメリット

  1. 自社に合った助成金を提案してもらえる:
    厚生労働省の助成金は多岐にわたり、毎年制度改定が行われています。
    社労士は専門知識を持ち、自社の課題に合った助成金を提案してくれます。

  2. 煩雑な書類作成の手間が省ける:
    助成金の申請手続きは書類作成が必要ですが、社労士に依頼することで最小限の手間で済みます

  3. 組織整備につながる:
    助成金を活用することで、組織の改善や人材育成につながります。

社労士に依頼するデメリット

社労士に依頼する際には、一定の費用が発生します。

また、悪質な業者に引っかかるリスクもあるため、注意が必要です

まとめ

助成金申請は重要なプロセスですが、信頼できる社労士を選ぶことでスムーズに進められます

自社のニーズに合った助成金を活用し、組織の発展に役立ててください。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:10:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら
(携帯電話からはご利用頂けません)

0120-914-005

Menu

インフォメーション

お問合せ・ご相談
0120-914-005

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

受付時間/定休日
受付時間

10:00~17:00

定休日

土曜日・日曜日・祝日

アクセス

〒162-0066
東京都新宿区市ヶ谷台町16-6
16ビル2階

都営新宿線「曙橋駅」 徒歩7分